第4回「『ハニーライン』でナンパ!」

マス小山です。

第4回目のチャレンジは、第2回目で人妻さんとのテレホンセックスを見事成功させる事が出来た「ツーショットダイヤル最大手の『ハニーライン』を使い、往年のテレクラのようなナンパに挑戦せよ」との命を編集長より頂きました。

現在、平日水曜日。時刻は22時すぎ。大丈夫かなと思いつつ、早速「ハニーライン」に電話をかけてみます・・・。

「主婦を辞めたい」と漏らす23歳の若奥様と出会う

~電話をかけて1分少々、ちょっと落ち着いた感じの女性とつながる~

女性:「・・・もしもし?」

マス小山:「あっ、もしもし! (やべ、声がうわずっちゃった)」

女性:「こんばんは。若そうな声だね、何歳なの?」

マス小山:「26歳。お姉さん…奥さんかな? 何歳なの?」

女性:「23。ねえ、今何で奥さんって思ったの?」

マス小山:「大体、今頃の時間にかけてくる人は奥さんが多いんだよね。…聞いた話だと。(笑)」

女性:「へ~、そうなんだ。ねえ、サラリーマン?」

マス小山:「うん、そうだよ。今日は残業で疲れちゃった」

女性:「残業だったんだ、お疲れ様。ねえ、どんな仕事してる人?」

マス小山:「えっ? 仕事? まあ・・・婚活って言うか・・・出会い系のサイト運営に携わってる…みたいな?」

(「ツーショットダイヤル紹介サイトの編集部員で、今は潜入企画でナンパのチャレンジをしていまーす!」なんて間違っても言えないよなあ(汗)」)

女性:「え~? 出会い系の会社に勤めているの? 凄いね。初めて聞いたよ」

マス小山:「いや別に凄くはないけどさ・・・奥さんは普段何してるの?」

女性:「私はねえ・・・主婦だけど、もう主婦辞めたいんだよね~」

マス小山:「うん? どうしたの? 何か悩みでもあるの?」

女性「・・・うーん。あのね、旦那がね、付き合っている時から結婚した今も束縛がひどいんだよね」

マス小山:「ああ~束縛系の旦那さんなんだ・・・」

女性:「うん・・・今日も旦那と大ゲンカして、今新宿に一人で居るの」

(新宿に一人! ? イケるかも)

マス小山:「新宿なら会社からも近いね。どこらへん?」

女性:「ハイジアの前」

マス小山:「ハイジア? 近いな。ねえ、ちょっと会ってみようか? 悩みなら、聞くぐらいの事は出来るし」

女性:「ここでナンパ? (笑)暇つぶしのつもりだったんだけど・・・ホントに会うだけ? エロい事とか気分じゃないよ?」

マス小山:「会ってとりあえず何でも話してみればイイじゃん。これからハイジア向かうから、待っててよ」

女性:「・・・うん。分かった。黒と白のワンピース着てるから、見かけたら声かけて」

マス小山:「分かった。30…いや、20分以内には行けるよ!」

女性:「うん、そのくらいなら待ってようかな。じゃあ絶対来てね」

23歳の若奥様との出会いのチャンスをゲットしたマス小山。
すわナンパ成功か! ? と光の速さで身だしなみを整えて社用車(笑)でハイジアを目指します。

ハイジア前に到着

深夜のハイジア前。

出会い系やツーショットダイヤルの人待ちの女性でごったがえす中、一人でポツンと、黒と白のチェックのワンピースを着た女性が、所在なさげに立っています。

遠目におっぱいは控えめながら、小柄で華奢な身体に黒髪のショートカットと薄めのナチュラルメイクが良く似合う、切れ長の目が印象的なボーイッシュな雰囲気の美人さんです。

(あのひとだな! )

マス小山:「こんばんは」

女性:「電話の人? 早かったね」

マス小山:「まあね。じゃあ、とりあえず、どうしよっか?」

女性:「ん? 任せちゃいたいな~…」

マス小山:「オッケ、じゃあ、軽く飲みに行こうか? さっきの続き聞いちゃうよ!」

女性:「ん~・・・うん、分かった。行こ!」

どこか投げやりな「どうにでもして」という雰囲気がプンプンと匂う若奥様(名前はまゆさん。偽名かは不明。笑)と会った後は、一緒に入った歌舞伎町の和風居酒屋でまゆさんから旦那の愚痴を聞かされまくる→まゆさんいい感じに酔いつぶれる→介抱しながら歌舞伎町のラブホテルにチェックIN→エレベーターでおっぱい&ベロチューの流れとなり、最終的には「同意の上で」SEXまで持ち込む事に成功。

朝まで23歳 身長145cmの若妻の肉体を堪能する事が出来ました! 編集長! ツーショットダイヤルで特命達成ですよ! そしてハニーライン様! ゴチでした!

オススメ! ! ツーショットダイヤル