第1回「ツーショットダイヤルは本当に人妻とテレホンセックスが出来るのか?!」

ツーショットダイヤル紹介のポータルサイト編集部に就職してから早3年目、ようやくサイトのメイン記事を担当させてもらえるようになった、新米編集者「マス小山」と申します。

今回、サイト企画「ツーショットダイヤルは本当に人妻とテレホンセックスが出来るのか?!」の体験記事を書け!、と編集長から命ぜられ、光の速さでツーショットダイヤルに会員登録を行い、人妻とのテレクラばりのテレホンセックスを体験して参りました。

入社3年目の万年新人編集者が繰り広げる「人妻とのテレホンセックス実体験記」ぜひ、ご覧ください。

ツーショットダイヤル『ハニーライン』で人妻とテレホンセックスを体験!

鬼の編集長から言い渡された「人妻とツーショットダイヤルでテレホンセックスをする」というミッションにチャレンジせよ、との事で、早速業界最大手のツーショットダイヤル『ハニーライン』の公式サイトにアクセス。

「WEB登録はこちら」のボタンを押して、クレジットカードで会員登録を行いました。

ハニーラインは決済方法がクレジットカードだけではなく、BitCashなどの各種のコンビニで支払い可能な電子マネーでも会員登録出来る点が便利ですよね。

さて、会員登録を済ませた後は、いよいよツーショットダイヤルハニーラインの「ハニーライン東京」センターの電話番号に直接電話をかけ、ミッション開始!

今回は初回利用の為、「444626」の無料コードをプッシュして「3000円分の無料ポイント」をもらっているので、初回は実質無料で遊べるのも◎。

操作も何も難しい所はなく、音声ガイドに従ってプッシュキーをタッチするだけで、すんなりとお目当ての「マニアツーショット」チャンネルに繋がる事が出来ました。

ハニーラインの「マニアツーショット」チャンネルは、通常の出会い系やチャHでは飽き足りなくなった人妻や熟女が多く集う事で噂になっているツーショットダイヤルの番組で、私が電話をかけた時も「マニアツーショット」チャンネルに繋がってからわずか5分後に最初の人妻さんと直接電話で話す事が出来ちゃいました。

「こ、こんにちは・・・」

「こんにちは~ サラリーマンの人?今日はお休み?」

しどろもどろの私の緊張を解きほぐしてくれるかのように、推定年齢30代後半、といった感じの人妻さんの優しい声が聞こえてきます。

「まあ、、、サラリーマンと言えばサラリーマンですね。奥さんは今何してるんですか?」

「何って、お話したくて。暇だったからね」

「ああ、そうですよね。。。」

なかなか次の言葉が継げないで困っている私に、突然人妻さんが、

「今、脱いでる?ねえ、勃ってるの?ねえ・・・」

と、ささやくような吐息まじりの声で語りかけてきました。

「(キターーーー!)うん、勃ってるよ。ガチガチに」

ドキドキしながら人妻さんに合わせてみます。

「本当・・・見せて、オチンチン勃ってるの・・・見せて・・・」

(えっ?脱ぐ?脱がなきゃダメなのかな?)

でも、ジュニアは確かに人妻さんのエロ声を聞いてムクムクと大きくなってきていたので、とりあえずズボンを下ろして、オチンチンをしごきながらテレホンセックス続行です。

「ほら、チンポの先からこんなにガマン汁が出てるよ、ほら」

「すごい・・・ガマン汁舐めさせて・・・すっぱいガマン汁舐めさせてえ・・・お願い」

(相当、M系の奥様だ)

気分が乗ってきたので、スマホのマイク越しにジュニアをしごいている音を人妻さんに聞かせてあげます。

「どうする?奥さんのせいでこんなに怒っているよ、俺のオチンチン」

「ごめんなさい・・・怒っているオチンチン、私のオマンコで包んであげたいの・・・お願い・・・」

人妻さんの言葉使いが何ともいやらしく、ガマン汁がタラタラと流れ始めてきたジュニアをしごく手もだんだん速くなってきました。

「よ~し、じゃあ、挿れてあげるからね・・・力を抜いて」

「入れてえ・・・オマンコにオチンチン挿れて欲しいの・・・ブジュッ」

スマホのスピーカー越しに、人妻さんが愛液まみれのオマンコをいじっている卑猥な音が聞こえてきます。

「ほら、、、入れるよ」

「ああ・・・大きい・・・オチンチン大きいのお・・・大きいのお!」

「もっと突いて、オマンコずぼずぼおっきいオチンチンで突いてええ!」

「ああっ、もう出そうだ・・・どこに出して欲しい?顔?口?」

「ウウン、おなかの中に出してえ・・・!」

「お腹?オマンコの中に出して欲しいの?」

「ウン、オマンコの中に出して!いっぱい!いっぱい・・・!」

「ウウッ、出るよ」

「出してえええええええ・・・・・アウッ!イグッ!」

人妻さんと同時に絶頂を迎え、ティッシュの上に大量に射精された精子を拭くのも忘れてしばらく放心状態でいると、

「今日は気持ち良かった・・・ありがとうね・・・今日はひさしぶりに、若い頃にテレクラの男の人とテレホンセックスした時みたいに、気持ち良かった」

「いえ、こちらこそ、気持ち良かったです」

「敬語やめてよ~(笑)また、遊んでね」

「はい、じゃまた電話するね」

「うん♪ じゃまたね」

「バイバイ」

電話を切った後も、人妻さんのいやらしい淫語が頭の中で繰り返されるほど、初回から凄いテレホンセックスを体験してしまいました。

ツーショットダイヤル『ハニーライン』はマジで人妻や熟女と出会えます

編集長のミッションという事で、今回人生初のツーショットダイヤルを利用したテレホンセックスにチャレンジしてみたのですが、最初に繋がった人妻さんが思いのほか淫乱な奥様で、運よく初回のチャレンジで射精まで持ってゆけるテレフォンセックスを体験する事が出来ました。

今回初めてツーショットダイヤルの『ハニーライン』に電話をかけてみて感じたのは、「『ハニーライン』は女の子と直接話す事が出来て、マジで出会える」という事でした。

『ハニーライン』は最大手のツーショットダイヤルという事はもちろん周知の事実だったのですが、実際に自分で利用してみて、『ハニーライン』には若い年齢層の女性会員以外にも、多くの人妻や熟女の女性会員が出会いやテレホンセックスの相手を求めるメッセージを残しているのを確認する事が出来、ツーショットダイヤルポータルサイトの編集部員として新たな収穫、そして良い経験となりました。

今回ご紹介した、『ハニーライン』は女性会員は無料で利用出来る編集部イチオシのツーショットダイヤルですので、実際の出会いや相手とすぐに繋がる事が出来るテレホンセックスを求めている方は、ぜひ一度利用してみてはいかがでしょうか。

オススメ! ! ツーショットダイヤル